2018/10/02

ある女の子のための犬のお話

worksを更新しました。
昨年の秋に出た本ですが、
こちらでもお知らせを。

探して探して選んだカバーの色も、
印刷所さんがとても美しく仕上げてくださいました。
ぜひ、実物を手に取っていただけるとうれしいです。
秋の夜長のおともに


「ある女の子のための犬のお話」
ダーチャ・マライーニ 著 / 望月紀子 訳 / 未來社 
装幀 / タダジュン 装画 / さかたきよこ

12のお話の短篇集
見開きの挿絵が3つ入っています。
カバーをはずすと月のレゴリス。

「犬は、と彼女は言った。月から来たの。砂の生きものなの。
飢えた亡霊のようにあの真っ白な荒れた土地に住んでいるの。
わたしたちはその土地を、目玉焼きのような小さな山々を見た、
アウレーリアおばさんとわたしは、花がらのソファーにすわって、
テレビのスクリーンを前にして。」

「犬はどこから来たの?」より





十月

2018年、十月になりました。

今年の記憶のほとんどを
もはや失くしてしまいそうです。

たくさんのことがあって
日々を過ごしてきたはずなのに。
ひとつのことに浸っていたら、
他のことがおぼろげになったみたいです。

それとも
記憶力がわるいだけか。
ばかな明日の自分のために、
忘れたくないことは書いておかなくちゃ。

たどればまだ、
間に合うこともあるかな。
2018年のわたしの記憶。



2018/03/05

凸凹書房 HBギャラリー

illustration / Jun Tada










































版画のイラストレーター展 凸凹vol.3
 
凸凹書房 



会期 2018.3/16(金)- 21日(水)

時間 11:00 ー 19:00(最終日は17:00まで)

オープニングパーティ 3/16(金)18:00 - 20:00

会場 HB Gallery tel:03-5474-2325

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-5-4 

アンドーヒロミ(紙版画)

正一(リノカット)

タダジュン(銅版画)

楯川友佳子(木版凹画)

平岡瞳(木版画)

芳野(リトグラフ)
さかたきよこ(銅版画)

版画のイラストレーター凸凹がおくる
4年ぶりvol.3となるHBギャラリーの展示に
初参加いたします。

今回は「本」をテーマに版画を制作、
架空の出版社「凸凹書房」から
文芸誌『DECOBOCO』を刊行したり、
自作版画の書皮などが並びます。

わたしは
「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」ボン書店 
1936(昭和11)年7月28日発行から
好きな詩を選んで銅版画を描きました。


詩、翻訳、ジャンル小説まで、
広くよい短篇や掌編の挿絵を
どうぞお楽しみください◎

凸凹facebook
凸凹instagram

2017/11/25

サンダー展+HATOBA

*お知らせ(11/30追記)

以下の展示は、
西荻窪STOREさん1階店舗での
展示に変更となりました。
2階では香港の写真家さんの展示となります。

急な変更で大変申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウレシカさんでのサンダー展期間中、
おなじく西荻窪STOREさん1階店舗にて
冊子『特異点』(絵タダジュン、文さかたきよこ
原画を展示させていただくことになりました。

ウレシカさんから歩いてすぐ、
2階HATOBAでは美味しい珈琲もいただけます◎
どうぞよろしくお願いいたします。

HATOBA.C.M.A web(地図)
167-0042 東京都杉並区西荻北5-7-19 
tel 03-3397-1791
営業日 水・木・金・土・日 11:00〜18:00
定休日 月・火

サンダー展詳細



2017/11/14

Thunder サンダー

展示のお知らせ

illustration / Jun Tada


































Thunder|タダジュン さかたきよこ

会期:2017年11月30日(木)- 12月11日(月)
*12月5日(火)休み
時間:12:00 - 20:00
会場:URESICA ウレシカ tel 03-5382-0599
 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-9 地図

"雷のあとの虹"テーマに、
銅版画と文章による冊子「サンダー」を制作。
その原画を中心にこれまでの仕事や本とともに展示します。
人生ちっとも上手くいかないときも
ユーモアと小さな希望を胸に。
ぜひお立ち寄りください◎

そしてそして、
ギタリスト川手直人さんの新作ギター独奏集
『Lakeside Song』のジャケットの絵を描いたご縁で、
会場で演奏会を開いてくださることになりました!

穏やかなギターに耳も心も傾ける夜、
友人の家にふらっと立ち寄るような気分で
こちらもぜひ、ご参加いただけると幸いです。

↓ 川手さんのギター、こちらでご試聴いただけます
Kawate, naoto - Into A Swamp 





















ライブ・イベント 
川手直人 ギター演奏会『湖畔の歌

日時:12月2日(土)18:30~入場受付 19:00開演
会場:ウレシカ2F 地図
料金:1,000円(税込)
定員:25名
予約・問合せ:ウレシカ
参加者のお名前、人数、電話番号をお知らせください

川手直人(かわてなおと)
音楽の作曲と演奏。演奏は主にギター独奏、
録音作品は種種の楽器・道具を使って製作
新作のギター独奏小品「Lakeside Song」は
カナダのカセットテープ・レーベル「UR」から発表
京都市在住


川手直人 ギター独奏集『Lakeside Song』

「湖沼学」というレアな研究の専門家であり、
音楽家のSoren Brothers氏と友人のSean Travis Ramsay氏の
協同レーベルUur Audiovisualから発売される川手直人さんの
新作ギター独奏集「Lakeside Song」全6曲、カセットテープ

ゆらゆらと湖畔を漂うように、ギターの音色に
いつのまにか何処かへはこばれてゆく心地よさをぜひ◎

媒体:カセットテープ(手製ケース入)全6曲
挿画:さかたきよこ・タダジュン
価格:500円(国内販売30部)
製作:Uur Audiovisual(ローガン・トロント)

No.: Ur 012
Title: Lakeside Song
Artist: Kawate, naoto

Content:
A side
Rolling on a Hill
Then They Go
Into a Swamp

B side
Bitter Ending
Made of Stone
Lakeside Song

Composed, played and recorded by Naoto Kawate
Illustration by Kiyoko Sakata and Jun Tada

Producer: Soren Brothers
Uur audiovisual (Logan / Toronto)

Made in Canada
November, 2017

直近の販売と場所(販売店は随時)
●11/16(木)17(金)
「マクラウド・ズイクミューズとの二夜祭」京都(下鴨)ユーゲ
●12/2(土) 
「川手直人ギター演奏会・湖畔の歌」東京(西荻窪)ウレシカ

11/25 追記

サンダー展期間中、西荻窪STORE 2階
コーヒースタンド&ギャラリーHATOBAにて、
冊子『特異点』(文さかたきよこ、絵タダジュン)
原画を展示させていただきます。

ウレシカさんから歩いて5分、
HATOBAでは美味しい珈琲もいただけます

HATOBA.C.M.A web
167-0042 東京都杉並区西荻北5-7-19 
tel 03-3397-1791
営業日 水・木・金・土・日 11:00〜18:00
定休日 月・火

2017/07/24

進化系

ときどき会う彼らはあまり話をしない
声に出す言葉のほとんどは
「こんにちは」とか「ありがとう」とか
基本的な挨拶だけで
でも決してそれを忘れたりしない

「ありがとう」に抑揚をつけることもないし
大げさに手を振ることもないけど
風が吹けば風に吹かれて
いつも穏やかにしている

たいていの時間は
微笑んだような顔をしていて
どこか植物に似ている

2017/07/20

理想主義者

こっそりと望んでいたことは、
何度かの機会を得て
その思いが強くなってくると
とうとう現実になるといということを
信じたくなるような出来事がありました。

せっかくだから、
こっそりなんてしてないで
堂々と望んでみればいいのだが、
"こっそり一人で" ってところが
肝心な気もして。

誰かにいいことがあったとき、

「ああ、この人は一人でずっと望みつづけていたんだな」

と、その人のひとりの時間に思いをはせると、
胸がこそばゆい感じがして、
本当によかったなと思う。

こそばゆさの正体は、
たぶんトキメキ(ダサイ笑)に似たもので、
こういうのが喜ぶってことかなと思いました。

この暑さで周囲を見る目に、
ロマンチックが止まりません。

romanticist:魂のこもった愛の理想主義者 web辞書より

2017/07/19

空っぽ

空っぽだと調子がいいなと
近頃思う。

空っぽなときは
目の前がおおきく
開けている感じがするのだ。

人も自然もくだらないことも、
すべてのものが境界をなくして
空っぽのわたしを通り抜けていって、
ただただ心がかってに愉しみはじめる。

もっとずっと空っぽになれたら
矛盾はどこかでつながって、
空っぽは結局、
満たされつづけるということに
つながっていくんだろうか。

 空っぽになりたいくせに
欲張りだな・・笑

八月に向けて仕事をしつつ、
この暑さに妄想が止まりません。

2017/07/08

目の中


町の大通りも緑がいっぱい。
目の中を緑だけでいっぱいにしてみたくてと、
目を細めて眺めてみる。

中学生のころ、
いつもの畦道で犬の散歩をしながら、
目の中を夜の空だけでいっぱいにしてみようとして
転んでみぞおちを打ち、
息もできずに5分くらい
土や蟻んこや雑草を眺めながら
クマちゃん(柴犬です)に
引きずられていたことを思い出す。

大学生のころ、
実家へ帰省したときに
海でもやって、やっぱり転んで、
そのときは岩とフジツボと
カラカラに乾いた海藻を見つめながら
母の悲鳴を聞いてた。

いままでの結論としては、
目の中にはどうしても見たいものだけじゃなくて、
別の何かが映り込む。

そして馬鹿は転んでもなおらない。
あぶないのでほどほどに。

2017/07/07

+++



ダンスの動画にはまってます。
七夕。

父にメールをしたら、
まだ海の向こうへなんて出かけてなくて
ふつうに家にいたのだった。

メールでやりとりをするようになって
はじめて知ったけど、けっこう
かわいい文章を送ってくる。

わたしは近ごろ鉛筆作業。
シンプルでしあわせな道具ですな。

2017/07/05

誰のこころも

あの人はぶっきらぼうな冷めた声で、
案外やさしいことを言っていたなと後で気付く。

誰のこころものぞけないものだな、
と思う出来事がありました。

逆よりも100倍いいことだ。

それとは全く関係ないけど、
今日は父の誕生日でした。
メールするの、忘れてました。
どうやら海の向こうへ出かけているもよう。

おめでとう、お父さん。

もう昨日になってしまった。

ひさびさ

ひさびさ、
worksを更新しました。

『ぼくが死んだ日』

2017/06/30

6月の終わり

最近、何かが一旦終わって
別の何かがはじまったようで、
やたらと、日々ノートを更新しはじめました。

自分でも訳が分かりませんが、
ここはぼっかりと切り離されてて
書いたことがフワっと、
泡みたいに消えてくれるような
孤立した安堵感があります。

それがなぜか
いまは有難いと思えるときで、
これからぽつぽつ、続けてみようかと

ほとんど役立たずなどうでもいいことを。
今日みたいな感じのまぬけさで。

2017/06/26

するすると

するすると、
今年も下半期に突入。

少し文章を書いたり、
絵の資料を集めたり、
友人の展示へ行ったり、
好きな音楽を聴いたり、
ときどきアルバイトしたり。

どれもひっそりとしてて、
好ましい日々です

いつもバイト先で出会う人たちに、
わたしの毎日がものすごーく支えられていることを
いつか文章で告白したい。

切なく奇妙な愛おしい世界。 

2017/06/17

6月の朝

雨上がりの清々しい朝、
新しい仕事のために
ある原稿を読む。

はじまりの数ページを読んだら、
不覚にも、目から涙があふれてしまった。

最期のときについて書かれたその話に、
ある人が亡くなったときのことが
唐突に思い出されて、
そのときのわたしの身勝手な心模様まで
まざまざと蘇えってしまった。

たまたまイヤフォンで聴いていたのが
涙じゃなくて愛にあふれる合唱曲で、
それがせめてもの救いでした。

合掌して気持ちをたてなおし。

窓の外で
鳥が気持ち良さそうに鳴いている
6月の朝です。

2017/06/05

1ダースの箱 展

horse-house (c)kiyoko sakata

































渋谷にぽっかりと浮かぶ
四角い宇宙・ウィリアム モリス。
その二十四周年を記念する
展覧会に参加いたします。

四角い宇宙に浮かべた小宇宙は1ダース。
加々美さんのおいしい珈琲とともに、
どうぞお楽しみくださいませ。

二十四周年、
心からおめでとうございます◎


四角い宇宙 1ダースの箱 展


2017年6月6日(火)〜28日(水) 12:30〜18:30 
日・月・第3土曜日[17日] 休
ウィリアム モリス 珈琲&ギャラリー
東京都渋谷区渋谷1-6-4 The Neat青山2F 03-5466-3717  

瀬谷 敦 柳川 貴代
さかたきよこ 林 哲夫
久原 裕 タダ ジュン 
川合 朋郎 高橋 誠
ウエハラ サチコ 高橋シュウ
今井 雅洋 高須賀 優

「ありがとう」の日々が重なって
二十四周年です。

「珈琲、おいしい」と
足を運んでくださるお客様に、
この小さな空間に世界を広げて
くださった作家たちに、
心から「ありがとうございます」。
今月、箱に思いを詰めた
四角い宇宙へ、ぜひお越しください。
珈琲と共にお待ちしています。

二十四年分の感謝を籠めて
平成二十九年 初夏

ウィリアムモリス 加々美 洋子
(1ダースの箱展 ご案内より)

2017/01/04

2017スタート

2017年、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

酉年だ。
みなさま飛躍の年となりますように!



2016/12/31

2016ラスト

12月31日になりました。
2016年最後の日。

いろんな偶然が重なって
今年出会えた人たちや
一緒に過ごした人たちのことを
いろいろと思い出しています。
今年もあちこちで迷惑をかけながら、
沢山の手助けをいただきました。
心からありがとうございます。

うれしいときもそうじゃないときも、
いっときも同じ時はなかったな。
そんな当たり前を大事に
2016年をもう一度お腹へ飲み下して、
次の偶然もまた楽しみに迎えられたらと思います。

どうぞみなさま健やかに
よいお年を*

2016/12/30

冬のブリッジ

窓辺の個展「冬のブリッジ」、
無事に終えることができました。

お越しくださったみなさまには
もったいないくらいの励ましをいただき、
心からお礼申し上げます。

また心強くサポートしてくれた
ウレシカのダイさん、カマタさん、
そして山田美津子さんのあたたかい心遣いに、
あらためて感謝しております。

どうもありがとうございました◎

さかたきよこ 2016.12.30.

さかたきよこ個展「冬のブリッジ」 

こえてゆけ こえてゆけ 冬のブリッジをわたって

2016年12月8日(木)〜12月26日(月)
12:00 - 20:00 /火曜休み
東京都杉並区西荻北2-27-9 tel.03-5382-0599

西荻窪URESICAさんの窓辺にて、
ちいさな個展を開催いたします。

次の年へと向かう人々の熱気のようなものが
いそがしい日常にこもりはじめる12月ですが、
ふっと一息、どうぞお店の外から中から、
楽しんでいただけると幸いです。

2016/11/16

ポポコミ「?と女」展 in 東京


ポポコミ「?と女」展  in 東京

会期:2016年12月2日(金)~12月11日(日)

時間:平日 13:00~20:00

土日祝 13:00~19:00

※初日は16:00より
休廊日:水・木
会場:ブックギャラリーポポタム ◎メインギャラリー

東京都豊島区西池袋 2-15-17  地図 
tel.03−5952−0114

参加作家:
川瀬知代、鬼頭 祈、木村了子、さかたきよこ、
高橋由季(コニコ)、嶽まいこ、谷川千佳、中田いくみ、
9square、古郡加奈子、ますこえり、みやこしあきこ、
吉田和夏、4co、渡辺なお、渡邉紘子

毎号「?(何か)と女」をテーマに、
イラストレーター、美術家、造形作家など、
ふだんは漫画を描かない女性作家による
コミック・アンソロジー「ポポコミ」(ポポタム刊)
参加作家の展示です。作品、本、グッズを
お買い上げの方には特製ステッカーをプレゼント。



京都トランスポップギャラリーさんに続き、
ポポタム発行・女性作家たちによるの
コミックアンソロジー『ポポコミ』の東京展開催!です。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。